独学・予備校

2次試験の独学用教材の紹介「中小企業診断士 最速合格のための第2次試験過去問題集」

「中小企業診断士 最短合格のための第2次試験過去問題集」は、中小企業診断士書籍売上シェアNo.1のTAC出版による過去問の解説本です。 この記事では、私が使用した本書(2019年度版)の構成と特徴、そして、レビューを紹介します。 ...
独学・予備校

2次試験の独学用教材の紹介「中小企業診断士2次試験 事例攻略のセオリー」

「中小企業診断士2次試験 事例攻略のセオリー」は、「村井メソッド」と言われる思考法や方法論を紹介する本です。 中小企業診断士試験の受験生にとって著名な本であり、平成26年度版を最後に出版されていないため、価格にプレミアムがついていま...
独学・予備校

2次試験の独学用教材の紹介「意思決定会計講義ノート」

「意思決定会計講義ノート」、通称「イケカコ」。 公認会計士試験や簿記検定試験の受験者向けのテキストですが、中小企業診断士試験においても、多くの受験者に使用されています。 この記事では、本書の構成と特徴、そして、レビューを紹介し...
独学・予備校

中小企業診断士試験にオススメ文具(筆記用具)の紹介!

中小企業診断士試験の受験前に、次のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。 ・解答時間を少しでも確保するため、マークシートを早く塗りつぶせる鉛筆が欲しい ・筆記試験対策のため、書きやすく、字がキレイに見えるシャーペンが欲しい ...
診断士とは

【検証】中小企業診断士は意外と少ない?

中小企業診断士は、毎年、多くの受験者(1.3〜1.5万人)を集め、ビジネスマンを中心に人気のある資格です。 一方で、中小企業診断士の登録者数は、他の資格と比較すると、意外に少ないって、知っていましたか? この記事では、中小企業...
試験情報

【検証】2次試験の合格率は、実は1回目の受験者の方が高い?

中小企業診断士試験の最大の山場と言えば、2次試験(筆記試験)です。 1次試験を突破した受験生がライバルであることに加え、読解力や文章力などの基礎的な力も試されることから、必然的に試験の難易度は、1次試験よりも上がります。 さて...
独学・予備校

【検証】中小企業診断士試験の複数年計画による受験はどれくらい有効なのか?

中小企業診断士試験を1年でストレート合格する確率は、4〜5%とかなり低い水準になっています。 そのため、複数年計画で合格を目指す受験生も多く存在します。 しかしながら、複数年計画による受験は本当に有効なのでしょうか。 科...
難易度

【徹底分析】中小企業診断士試験の科目別の合格率と傾向

中小企業診断士試験は、「科目合格制度」が導入されていることから、複数年計画で合格を目指すことができる国家試験です。 そのため、受験生にとって、科目別の「合格率」や「傾向」は、大きな関心事となります。 この記事では、過去14年分...
難易度

【合格率検証】中小企業診断士試験は、受験地区による有利不利はあるのか?

中小企業診断士試験にまつわるウワサの1つに、全国各地に一定数の診断士を確保するため、受験地区ごとに合格率を調整している(地方の受験地区を優遇している)、というものがあります。 この記事では、過去14年分の統計資料をもとに、受験地区ご...
難易度

【合格率検証】中小企業診断士試験は、どの年代の合格率が高いのか?

中小企業診断士試験は、受験資格が不問であることもあり、20歳代〜70歳代という幅広い年代が受験する人気の国家試験です。 この記事では、過去16年分の統計資料をもとに、どの年代の合格率が高いのか検証していきます。 1次試験は「3...
タイトルとURLをコピーしました